自立支援医療

公開日 2009年04月01日

自立支援のご利用にあたっては事前に申請する必要があります。

必要なもの
申請書(町民福祉課にあります)、健康保険証、印鑑、課税証明書(被保険者分)※(注)、診断書(精神障害者手帳の申請もされる場合は、手帳用の診断書でけっこうです。)、障害年金又は遺族年金をもらっている方は、年金金額のわかるもの(預金通帳コピー等)、更新の方は所持している自立支援医療受給者証

※(注)国民健康保険にご加入されている方は、同じ保険に加入されている方全員の課税証明書が必要になります。別に様式を町民福祉課に備えております。また、市町村民税課税証明書については当該年度分を添付することとなっていますが、4月1日から6月30日の間に申請される場合は、前年度の書類を添付してください。7月1日以降の申請は、当該年度の書類を添付してください。

自立支援医療(更生医療)とは

更生医療とは、身体障害者手帳の交付を受けている18歳以上の方が、自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、その障害を除いたり、軽減するための医療の一部を助成するものです。

手続き先 松茂町役場町民福祉課

自立支援医療(育成医療)とは

育成医療とは、身体障害者手帳の交付をうけている18歳未満の児童の健全な育成を図るため、当該障害児に行われる生活の能力を得るために必要な医療の一部を助成するものです。

手続き先 徳島保健所(様式等は松茂町保健相談センターに備えてあります)

自立支援医療(精神通院医療)とは

精神障害を持つ方が、通院し医療を受けるときに自己負担を軽減するものです。

手続き先 松茂町役場町民福祉課

利用したときにかかる費用

自立支援医療を利用した場合の自己負担は、原則、医療費の1割負担となりますが、負担が重くなりすぎないよう所得に応じて1か月あたりの上限額が設定されています。

お問い合わせ

福祉課
TEL:088-699-8713