弾道ミサイル落下時の行動について

公開日 2017年08月18日

 北朝鮮により弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域住民に

対し、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて防災行政無線、携帯電話のエリアメール、緊急速報メールおよび

テレビ等により情報をお知らせします。

 情報伝達の流れや注意点等についての詳細はこちらをご覧ください。

  ・国民保護ポータルサイト

  ・弾道ミサイル落下時の行動について[PDF:463KB]

  ・弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A[PDF:132KB]

  ・武力攻撃やテロから身を守るために[PDF:3MB]

 また、落下物には有害な燃料が付着している場合も考えられるので、発見した場合は、落下物に近寄らず、直ちに消防署や警察に連絡してください。

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード