風しんについて

公開日 2018年10月16日

 関東地方を中心に「風しん患者」が増加し、特に男性は30~40歳代で感染が広がっています。妊婦(特に妊娠初期)が風しんにかかると、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、心臓に病気があるなどの「先天性風しん症候群」をもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。

 

風しんとは

 風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性の感染症です。

 主な症状としては、発疹・発熱・リンパ節の腫れで、潜伏期間は2週間から3週間とされています。

 

予防のために

 風しんは、インフルエンザと同様に飛沫感染しますので、次のことにご注意ください。

  外出後の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつける。

  急な全身性の発疹や発熱などの症状が出たら、早めに医療機関を受診する。

  予防接種を受ける。

 

風しん抗体検査について

 徳島県が風しん抗体検査を実施しています。

 詳しくはこちら→徳島県風しん抗体検査事業

 

 参考

リーフレット 「準備OK?妊娠を考えるなら、麻しん風しん混合ワクチンを」[PDF:387KB]

リーフレット 生まれてくる赤ちゃんのために「風しんワクチン」[PDF:953KB]

    国立感染症研究所 風しんQ&A(外部サイト)

    厚生労働省ホームページ(外部サイト)

 

 

 

お問い合わせ

保健相談センター
TEL:088-683-4533直通

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード