教育施設の耐震性能一覧の公表

公開日 2011年04月12日

教育施設の耐震性能一覧の公表

学校施設の耐震化に対する国の支援措置が大幅に拡充することを内容とした「地震防災対策特別措置法の一部を改正する法律」が平成20年6月18日に施行されました。
この改正は、公立学校の施設について耐震診断の実施及びその結果の公表を義務づけるとともに、国の補助の特例を設けることをその内容としています。
町教育委員会では、対象施設について、平成21年度までに耐震診断を実施いたしました。
また、耐震診断により、耐震補強が必要な施設につきましては、平成22年度で耐震化が完了しております。
平成23年4月1日現在の対応状況は、以下のPDFファイルのとおりです。 

松茂町立幼稚園・小学校・中学校耐震性能一覧表 [PDFファイル/12KB]

耐震診断の対象となるのは

新耐震設計基準(昭和56年)の公布以前に建設された、2階建以上又は200平方メートルを超える非木造の施設です。

Is値とは

建物の耐震診断を判断するための数値(構造耐震指標)です。
国土交通省では、安全の目安としてIs値を0.6以上(大規模地震等に対して倒壊又は崩壊する危険性が低い)としています。なお、文部科学省では、学校としての特殊性と地域の避難場所に指定されることが多いなどを加味して、Is値0.7以上を安全の目安としています。

お問い合わせ

学校教育課
TEL:088-699-8719

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード