子どもはぐくみ医療費助成制度と手続きについて

公開日 2016年04月01日

 

子どもはぐくみ医療費助成制度とは、子どもに係る医療費の一部をその保護者に助成する制度です。

※平成28年4月1日から所得制限が撤廃されました。
※平成29年4月1日から中学校修了まで助成範囲が拡大されました。

対象者

   ・松茂町に子どもの住民票があること 
   ・中学校修了までの子どもの保護者
   ・子どもが健康保険に加入していること

手続きに必要なもの

   ・子どもの健康保険証
   ・印鑑・個人番号カードもしくは個人番号通知カード
    ・手続きに来て下さる方の運転免許証等の身分証明書
     松茂町に転入された方や、健康保険の被保険者又は生計を維持する親権者が単身赴任等で町外に在住されている方は
    ・住民税の課税証明書(所得額の記載のあるもの)

※所得更新時や転入日により、必要となる証明書の年度や発行市町村が異なることがありますので詳しくは福祉課(電話088-699-8713)までお問い合わせ下さい。

助成の範囲

補助対象:保険診療に係る医療費のうち、保護者が支払った自己負担分
一部自己負担金:通院3歳児から中学校修了まで、入院6歳児から中学校修了までについて1レセプトあたり600円

(注)かかった医療費の自己負担相当額が600円に満たない場合の一部負担金は、その額になります。
(注)院外処方の場合における保険薬局での一部負担金及び治療用装具代に関する一部負担金はありません。

対象外となるもの

   ・保険適用外のもの
   ・入院時のお食事代や部屋代
   ・保育所・幼稚園・学校管理下でのケガ
   ・交通事故等の第三者行為による診療

有効期間

子どもはぐくみ医療費受給者証の有効期限は、中学校修了までの期間です。

更新手続

子どもはぐくみ医療費受給者証の届出内容や記載事項に変更がないか、毎年案内を送付しますので変更がある場合は手続きをしてください。

・毎年6月頃

手続きに必要なもの

   ・子どもの健康保険証
   ・印鑑
   ・個人番号カードもしくは個人番号通知カード
   ・手続きに来て下さる方の運転免許証等の身分証明書

松茂町に転入された方や、健康保険の被保険者又は生計を維持する親権者が単身赴任等で町外に在住されている方は

   ・最新の住民税の課税証明書(所得額の記載のあるもの)

医療費の返還請求                                         

受給者証の有効期限内において、受給者証が交付されるまでに支払われた医療費や県外で受診された際にかかった医療費をお返しすることができます。
ただし、保険診療外の費用及び一部負担金についてはお返しできません。

手続きに必要なもの

   ・印鑑
   ・領収額と子どもの氏名と保険点数の記載されている領収書
   ・子どもはぐくみ医療費受給者証
   ・子どもの健康保険証
   ・通帳(受給者名義)

その他手続き

つぎの場合には、松茂町役場 福祉課で手続きして下さい。

   ・松茂町外へ転出した場合・・福祉課に返却してください。
   ・松茂町内で転居した場合・・印鑑
   ・氏名が変わった場合・・・・印鑑
   ・加入している健康保険が変わった場合・・健康保険証、印鑑
   ・受給者証を紛失した場合・・印鑑、健康保険証

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

福祉課
TEL:088-699-8713