都市下水路ポンプ場設備概要等

公開日 2009年04月01日

松茂町は、吉野川下流域の肥沃な三角州地帯にあり、徳島県と鳴門市の中間に位置しています。本町は、吉野川河口海抜0m地帯にあり、冠水など出水期の被害に悩まされてきました。こうした被害を解消するために昭和50年代前半から都市下水路事業を計画。昭和53年度から工事を着手し、平成3年度に長原都市下水路、平成9年度に広島都市下水路、平成10年度に笹木野都市下水路がそれぞれ供用を開始し、現在に至っています。

各都市下水路はそれぞれの地区のポンプ場に繋がっていて、水中ポンプ、エンジンポンプを用いて今切川に雨水を放流するようになっています。各ポンプ場には管理人が毎日、設備の点検を行い、台風等の出水期に備えています。

各ポンプ場の詳細な設備概要等はこちらをご覧下さい。

各ポンプ場の詳細な設備概要その1 [PDFファイル/1.02MB]

各ポンプ場の詳細な設備概要その2 [PDFファイル/1.11MB]

お問い合わせ

建設課
TEL:088-699-8718

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード